FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果 

採血した後、先に形成でチェックアップ。

若干、シリコンの位置が右胸より1cmくらい上がっているらしく、先生はずっとそれを気にしている模様。
先生にしてみたらやっぱり作品だし。笑
 
でもそれを調整するにはまた手術しないといけないらしく、どうしますか?って…
 
私としては前回の全身麻酔がしんどかったし、手術の回数は増やしたくないし、何もなく肋骨が剥き出しだった所にお胸さんが出来上がってきているんですから1cmくらい気にしません!!
 
なのでこのまま進めます
 
術後一ヶ月過ぎたし、ジョギングもテニスもやっていいって♪
 
すごく嬉しかった!!
 
安静にしていることが本当一番苦痛かもしれない。笑
 
さて、形成の診察を終え、乳腺科のエコーと採血の結果を待っている間、だんだん鼓動も激しくなってくる。
 
普段は自分の病気なんて忘れて過ごしていることが多いけど腫瘍マーカーが上がってから、ここ最近はまた色々ブログを読んだり調べたりしていた。
 
そのせいか、余計不安になったりしちゃって...
 
やっぱりパーセンテージとか数字に惑わされるのは良くないから、あんまり調べたり、他の人のブログ読んだりするのもやめた方がいいかな…逆に身体に悪そうだし…
 
 
今日はかなり待たされたのでその間ずっと緊張していました。
 
形成が終わってから3時間くらいかなー?
 
ようやく呼ばれて、恐る恐るこんにちは…と言いながら診察室に入ると、すぐに先生が、全部オッケーですよ~って。
 
はーーーー、良かった、採血の結果も?エコーも?!大丈夫ですか?! 何度も確認しちゃいました。腫瘍マーカーもバッチリ下がってるって
 
良かった、本当に心配し過ぎて疲れました。笑
 
ホルモン治療を始めてからあまりにも太り、うんざりしていて、まだ治療やらないといけないんですかね。。。ってボヤいたら、漢方出してくれました。効かない可能性高いけどって。笑
 
それと、やっぱり4年間診て頂いている先生にこれからもお願いしたいので先生について行くことにしました。
 
次からはちょっと遠くなるけど、頑張って通院します
 
 
毎日、大事に色々なことに感謝しながら、これからも頑張ります
 

スポンサーサイト

あれから三ヶ月 

今日は形成と乳腺科ダブルです
採血は毎回失敗、結果看護師の手は震え、いつも手首からの採血になる。
もうグリグリ血管やられるのも慣れました。笑

でも暑さのせいか、初めて採血でちょっと気持ち悪くなった。血が出てくるところをじーーーっと見たせいかな?


今日は三ヶ月前に上がっていた腫瘍マーカーがどうなっているか乳腺科でチェックと、エコー、あとは形成で再建したお胸の位置や傷痕チェックなど。

やっぱり検査結果を待つのはいつまでたっても慣れない。しかも前回腫瘍マーカー上がってるなんて言われた後だけに色々考えちゃって少しドキドキする。


さて、結局乳腺科の主治医の異動にくっついて行くかあまり考えずに今日になっちゃったけどどうするかな…。

でもやっぱりくっついて行きたいなぁ。

採血結果はまだまだ時間かかるしコーヒータイムにしよう♪

また後程!!

エキスパンダー抜去及びインプラント挿 入術 

先日、左乳房切除術後、左乳房エキスパンダー抜去及びインプラント挿入術を受けました
 
なんのこっちゃ?3年半前に全摘した左側の大胸筋の下にエキスパンダーを入れて皮膚を伸ばしてたわけですが、その風船を取り出し、シリコンを入れました。
手術の説明はこんな感じ。
瘢痕を切除し、大胸筋を筋繊維の方向に割いて大胸筋下・エキスパンダー皮膜上で剥離を行う。 瘢痕を切開し、エキスパンダーを抜去し、外側・下方の剥離を行い、止血・洗浄の上、インプラントを挿入。 座位で左右差を確認し必要であれば修正を行う。 細いドレーンを数本挿入し筋層・皮膚を縫合して終了。
 
6/12にこの手術を受けたわけですが、翌朝母からメール……。「ニュース見た?」って。 
 
痛くてまだ余裕なく、寝たきりだったから何も知らないけど?
 
すると、乳癌で乳房全摘した場合の乳房再建は今後保険適用になると! 
 
え? 私が手術した日に発表されてる。
 
私は保険適用外でしたから100万ですけど…
 
 
もちろん、素晴らしい事ですし、今後同じ悩みを抱えた方々の選択肢が広がるのはとても嬉しい事です。
 
でもね、一瞬涙が出そうになった。なぜこのタイミング?!
 
私が手術した日に発表って…。術後三年半待ってから再建することにしたのにこのタイミングって…
 
 
日本はなんでも遅すぎる。
 
シリコンではなく、皮膚を伸ばすためのエキスパンダーも、胸の形をしたタイプは私が手術した一月はまだ保険適用外だったので私はラウンド型のエキスパンダーを挿入したから膨らめば膨らむほどフグみたいになっちゃうものだったけど、シリコンはドロップ型だから最終的にはちゃんと右の胸と同じ形になると言われてました。 
 
その時から胸の形をしたエキスパンダーが7月から保険適用になるのは知ってたけど最終的に胸の形が綺麗になるならいいと思ってラウンド型のエキスパンダーの挿入をしましたが、シリコンまで7月に保険適用になるとは知らなかった。
 
もうその時からシリコンを入れるのは6月と決まっていた。
 
私が帰国せずにアメリカで手術も治療もしたかったのは再建が保険適用されるからというのもあった。
 
日本だとまだ自己負担だったから。
 
先生きっと知ってたよね…??

まぁ、そうは言ってもどうせ私が使ったタイプのドロップ型の(自然なタイプ)シリコンではなくお椀型のまん丸なやつだろうなーって思って、でも先生に聞いてみた。
 
すると先生も心苦しい表情を浮かべながらも、そうなんです、でも保険適用になったのはラウンド型なのでうちの病院で使うタイプのシリコンとは違うのでうちは今後も保険適用外なんですよ って言ってました。
 
私が使ったタイプのシリコンは新型でより自然な形でマンモとかも大丈夫、針が刺さっても大丈夫らしいです。
 


でもね、一言、例えそのシリコンを使わないとしても、一応知らせて欲しかったなぁ…

早くこの新型のも承認され少しでも多くの方が再建をもっと受けやすくなることを祈ります
 
 
 
私の説明は下手なので以下日経より引用
 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は12日、乳がんの全摘手術後の乳房再建に使う人工乳房への保険適用を承認した。国内では初めてで、7月から適用が始まる。乳がん患者は増加傾向が続いているが、乳房を切除した後の人工乳房による再建は自費診療だった。保険適用になると原則3割の自己負担で済み、普及を後押ししそうだ。
 中医協が保険適用を承認したのは、米国の医薬品・医療機器メーカーの日本法人、アラガン・ジャパン(東京・渋谷)の人工乳房と、人工乳房を体内に入れる際に皮膚を伸ばすのに使う皮膚組織の拡張器。価格はそれぞれ6万9400円、3万2100円で、患者の自己負担は3割となる。
 アラガン社によると、従来乳房再建を行う患者は、並行輸入された人工乳房や皮膚組織拡張器の費用のほか診療費や入院料など含め、全体で70万~90万円ほどかかるコストを自費でまかなっていた。これらの費用も公的医療保険でカバーされるため、患者負担は3分の1程度に大幅に軽減されることになる。高額な医療費を一定額に抑える高額療養費制度も活用すれば、負担はさらに少なくなる。
 乳がんは女性のがんと診断される部位別でトップ。年間の新規患者数は推計で6万人程度まで増加している。乳がんはホルモンの影響のほか、出産歴がないことや初産年齢が遅いこと、飲酒などがリスク要因と指摘される。早期発見できれば生存率が高い。乳房切除による治療も選択肢としてとられる。
 今回の人工乳房などへの保険適用は、乳がんが見つかり乳房を全摘出した後の再建術に限られる。米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが実施したことで話題となった、予防のための乳房切除には適用されない。
 乳房再建ではこれまで、患者自身の腹部の脂肪などを移植して使う「自家再建」は保険適用が認められていた。今回、人工乳房も保険適用が承認されたのは、乳がん治療によって失われたものを元の形に戻すことから「治療の一環としてとらえられ、美容整形目的とは異なる」(厚労省)と判断されたためだ。
 自家再建は自然な温かみがあるなどのメリットの一方、健康な体の部分を傷つけ負担が大きいデメリットがある。人工乳房は体を余分に傷つける必要がなく、自然な形を作りやすい半面、シリコーン素材が冷たく感じられるなどの違和感を覚える人もいる。
 人工乳房には保険がきかず費用負担が大きいのも欠点だったが、今回の保険適用でハードルが低くなる。アラガン社は、今回の対象品より形状や材質が自然に近い新型の人工乳房も、医療機器として承認申請中。今後乳がん治療の選択肢がより広がる可能性がある。
 

海辺の家 

先日晴れた日に三浦海岸沿いのお友達のお家にお邪魔して来ました。
オーシャンビューの屋上でランチ
より一層美味しく感じますね
 
 
 
キッチンからも海が見えて本当に素敵なお家!!テッドと一緒にパシャリ
 
 
 
海辺まで歩いてまたパシャリ
 
とっても素敵な一日が過ごせました。
海辺の家って憧れるなー
 
 
さて、昨日は術前検査で病院に行きました。
2時からの予約で、受付を済ませたのは1時半過ぎ。早いから少しだけ待たされるかな?と思いながら、形成外科の受付へ行くと何か起きたんだろうかと思うほど、形成外科と皮膚科の前には大勢の患者さんとその付き添い… ゴールデンウィークのしわ寄せらしい…。
ソファー空いてないし…。
 
 
しばらく立っているとやっと空いたので座る。
 
気がつくと、私の左側に、夫の付き添いで来ていたらしいお婆さんが立っていた
 
席を譲ろうか、でも自分もどれくらい待たされるかわからないのをずっと立ちっぱなしも辛い…患者なわけではない、付き添いの人だし…
 
でもずっと混んでいて席は空く気配もない…やっぱ立ちっぱなしは辛いだろう、仕方がない、右に詰めてもらい、私の座っていた椅子の半分を譲った
 
 
それからご主人の皮膚科に付き添いで来ているという話を聞く
 
私の病気のことは特に伝えず、世間話をしていると、そのお婆さんが病院や病気の話をし始め、ついに「 でもあれよね、最近はもう癌なんかじゃ死なないみたいよねー、あとあれらしいわね、癌でも脳に近いと、だから上の方になればなるほど危ないみたいね、リンパとかはもうだめなのよね」ですって…。
 
まぁ別にいいけど、いや良くない。 やっぱり傷付く
 
お婆さん知らないんだから、仕方がないけど、あなたのその目の前の人間が癌で、リンパ転移していたんですけど…。
 
席を譲っていいことしたのになぁ…。
 
で、無駄に傷付き(やっぱすぐ他人と喋って仲良くなるからいけないのかな?!)ようやく採血や心電図やレントゲンにGOサインが出て、先生の診察が受けられたのはなんと5時半くらい!! 
4時間待ちでした。 予約してるのにー!! 
 
なーんかそんなんで疲れたのもあり珍しく昨日は落ち込んだ。
 
かれこれ4年、術前の化学療法に始まり手術、その後もずっと検査と治療。 病院のせいで、病気のせいで仕事休んで病院行って薬代やら診察、手術でばっかみたいに医療費ばかりかかって、しかも時間も精神力も体力もなくなっていくばかり。そしてホルモン療法の副作用は強くなる一方。
 
なんなんだろうなーって。
 
 
考えちゃいけないんだろうけど、昨日は久しぶりに泣けてきて、涙が止まらなかった。
 
 
 
普通に生活したいって。
 
 
 
弱音は吐かないって決めてるのに…。
 
でも寝てすっきり今日はもう元気~!!
 
考えたってしょうがない! 今、生きていることに感謝して今を精一杯生きよう!!
 


こんな時は料理に限る!
美味しい簡単マヨグラタン? 作って昨日焼いたパンと一緒に
さーてまた頑張ろう♪

390cc & Vegetable stew 

今日は病院で術前最後の食塩水注入予定でした、400ccまでなので残りは60ccですから余裕なはず!
 
 
早速入れ始めるのですがすぐに張って苦しくなったのでもう全部入ってるかと思って先生に聞いたらまだ40ですと
 
さらに10cc入れてる最中にもう苦しかったので最後の最後10ccは入れられず50ccだけで帰ってきました
 
 
もう~フグみたいにパンパンで限界~!!
 
 
術前検査の日に残り10cc入れてあとは6月にシリコンと入れ替え、あと少し!!
 
 
病院から帰って掃除、それから先日まいちゃんとベジタリアンレストラン行く前に自然食品店で購入したベジタリアンの為のルーでブラウンシチュー作って明日のお弁当!美味しく出来た~
 
 
さーて、こんな左胸パンパンで痛いのにこれからテニスしてきま~す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。