FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Its been quite a while 

随分と長い間、ブログの更新が出来ませんでした・・・夏頃からパソコンの調子があまり良くはなかったのですが、ちょうど退院してしばらくたった頃、パソコンを開いてみると、とってもカラフル。笑 チカチカして、突然また画面が消える・・・
買って一年たってないのに完璧に壊れました。

そそくさと、レシートを出して、アメリカに送り返し、修理をしてもらい
(もちろん保険も入っていたので)やっと、昨日戻って来ました!!

ということで、具合いが悪くて更新出来なかったわけではなく、手術は無事に終えたのですが、パソコンちゃんが具合い悪かったのです・・・。

さて、11月11日に手術の予定で、術前にまたいろいろな検査をした。

そして抗癌剤は著明に効いたわけではないけれど、一応、ほんの少しだけ小さくなったし、予定通り温存でいきましょうという感じでした。

ところが、一週間前に急に病院から電話があり、実は術前の最終検査の結果、良性と思っていた腫瘍で、気になるものがあるとのこと。
(抗癌剤を終え、良性と思っていた別のしこりがすこし小さくなっている、つまり抗癌剤に反応したかもしれないということ。だとすると、悪性の可能性がある)

ということで、念のため、精密検査しましょうといわれ、また病院に行き大嫌いな細胞針をやった・・・。

そして、手術の前日、いよいよ入院、その日には結果も出ているということで、術前の説明で、執刀医に呼ばれ、説明を聞きにいくと、先生はもう私の顔を見ない・・・。
あぁ、よくないんだ、とすぐに思った。

先生は本当に優しい先生なので、私にとって良くないことを言う時つらくて顔が見れない。

先生のお話では、「最後に新たに抗癌剤に反応してて、検査した腫瘍、細胞針をやった結果悪性が出た。でも、それでもどうにか温存してあげたくて、考えたんだけど、やっぱり全摘したほうが先生はいいと思う。それで納得してくれるかな?」ということでした。

もちろん、信頼している先生がそうしたほうがいいと言うのだし、私も下手に残して再発のリスクがあがるよりはそのほうがいいと思っていた。 
同時再建すると思っていたし。

そしてその後、同時再建するにあたり、形成外科の先生にお会いして説明を受けたりした。

さて、手術当日、特別緊張することもなく、リラックスしてオペ室へ。

化学療法でお世話になった先生がずっと横にいて、しゃべりかけてくださっていたので余計リラックスして、麻酔が効く寸前まで、しゃべっていた。
「先生、あぁだめだ、もう眠っちゃう・・・よろしく・・・おねがいしま・・ふ・・・・・」といって寝た記憶がある。笑



目が覚める、というか、人工呼吸器をはずすのに、意識を無理やり戻すため、起こされる・・・がそこからまた寝たり起きたりで、記憶は大してない。

ただ、痛いーーー痛いーーー、早く薬くださいーーーって言っていた記憶がある。

そんな朦朧としている中、とは言ってもきっと手術が終わって6時間以上たっていただろう、夜、先生が病室に来て、ご家族にはもう説明しましたけど、と言いながら私に説明し始めた。

術前の検査ではリンパ節転移はないだろうということだったが、術中、細胞をとってきて調べたところ、リンパ節転移が見つかり第2リンパまで取りましたとの事だった。

リンパ節転移があったので、再建でシリコンを入れるために皮膚を伸ばすエキスパンダーもいれずに閉じたということだった。

正直、癌の告知を受けたときよりも心はボロボロだった。

癌の告知、いや、しこりを見つけて最初に検査に行った日から何度も検査結果を聞くことがあった。
その度に、毎回こうであってほしいという希望は裏切られ、どんなに頑張って前向きでいても結果はいつも裏切った。

でも、全摘になっても、術前の検査でもリンパは大丈夫と言われていたので、術後に転移があったと聞かされたときはもう本当に感情がなくなるというか、味わったことのない孤独感を味わった。

もう笑えない、疲れた。

もう、強いふりも疲れた。

さすがに頑張れない・・・。誰にも会いたくない。

涙ももう枯れた。

ただ、ぼーっとしてた。


翌日、病室の清掃が入るので、待合室で座って待っていた時、同じ病室の高校生の子と話をした。

すると、本当に明るくておもしろい子で、くだらない話をずっとしていたら
傷口が開いちゃうかもって思うほど笑った。

すると、すーーーっと楽になった。

あぁ、もう私、何があっても、こうして笑って生きられたらいいやって思って、急に元気になった。

それからはもういつも以上に元気になり、先生にも病人と思えないと言われるほど元気に入院生活を楽しみ、回復も早かった。

一ヶ月後、病理の結果が出た。

これを聞く日は、癌告知を受けたときよりも緊張していた。

朝からお腹も痛かった。

極度の緊張を味わいながら、待合室で待っていて、自分の名前が呼ばれ、結果を聞く。

摘出した部分の写真など先生と一緒に見ながらどういうタイプの癌だったかなど説明を受ける。

癌自体やはり、あまり性格の良い癌ではなかったそうで、抗癌剤もたいして効かなかった。
リンパ節転移は抗癌剤をやった後だからもしかしたらもっと転移していたとしても抗癌剤で消えてしまってるかもしれないから微妙だけど一応、第一リンパ節でとまっているようだということ、つまり取りきれたであろうということでした!

ということで、今後は5年間ホルモン療法で様子を見ていくことになりました。
経過が良好であれば、半年後か一年後にはまた再建の手術をすることになりそうです。

毎日目が覚めることに感謝しながら、毎日笑顔で生活していきたいです♪

今後日本で治療などしていくことになるのですが、荷物の整理、頑張った自分へのご褒美、大好きな人たちに会いに、そして何より大好きな私の担当医を紹介して下さった、先生のお兄様と看護師さんにご挨拶に伺いたく、しばらくNYに行ってまいります♪

ずっといつも励ましてくださった皆さん、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします☆

I had not updated my blog for months.
Its because just right after the surgery, my laptop had been broken.
I just got my laptop back few days ago.

I finished the surgery, and am getting my strength back :)

A week before the surgery, the doctor gave me a call and said that
they found another lump which got smaller after the chemo therapy
and wanted to check it, so I took the biopsy again.

The day before the surgery, my doctor told me that was cancer,
and they were going to remove whole my breast but I was okay with that
because I thought I could take reconstruction surgery at the same moment.

After the surgery, I was told that the cancer spread to my lymph so
they did not do reconstruction surgery.....they just removed my whole breast.

Again, I really got shocked, I felt like everyone was moving so fast,
I felt like I was moving in a slow motion...

I could not cry anymore, no more tears in my eye pockets, dried out.
I just did not want to see anyone anymore. I was exhausted to be positive,
I was so exhausted to make smile, I was exhausted to pretend as if I was strong.
My heart was so broken...but the next day, when I was talking with other patients,
I laughed a lot, and I realized that I was feeling much better.
Laughing is the best medicine!!

I had been in the hospital for a week, just after the surgery, I could not
lift up my arm, but now, I can do that.

A month after the surgery, I got the result, the doctor said my cancer was
not a good type and the chemo did not work on me, but it most likely did not
spread to my second lymph(they were not sure because I took the chemo
before the surgery so it might have gone by the chemo therapy even if
it had spread to my second lymph)

Anyway, it seems like they could remove everything, so I do not need to take
the radiation therapy, so I just need to take the hormone therapy for 5 years.

I am happy that I am here.
I am happy that I have my life.
I appreciate everyone who had been at my corner all the time.

I hope I can take reconstruction surgery in few months.

Anyway I need to see my doctor often, and take the surgery again so
I need to be settled here in Japan but I will visit NY in few days
to see my precious people.


Thats all for today.
See you soon.

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。